くらしに手づくり

西沢本店佐世保店のスタッフブログです(*^^)v

布目線のお話☆

レッスンバッグの材料をお買い求めにご来店されるお客様とのお話の中で、「この矢印ってなんですか?」

f:id:nishizawahontensasebo:20191111170550j:plain

お裁縫をする時に必ずと言っていいほどレシピの中に出現するこの矢印、みなさんなんだと思いますか?(゜o゜)
 
この矢印は布目線と言って生地の縦方向を指す大事なマークなんです(*^^)v
 
布地には縦、横と向きがあり、それぞれ特性があります☆
 
縦は引っ張りに強く伸びにくい、横は引っ張りに弱く伸びるなど、用途に合わせてこの向きを使っていきます(*^_^*)

f:id:nishizawahontensasebo:20191111170546j:plain

f:id:nishizawahontensasebo:20191111190504j:plain

例えば、写真のようなレッスンバッグですと、縦地を使った方が物を入れた時に伸びないからしっかりする、とか
 
お洋服は縦地に裁断しないと襟ぐりが伸びにくいから着にくい、など縦横の特性を生かしながら物作りをしていきます(^^)
 
なぜこのように伸びたり伸びなかったりするのかと言うと、生地を織る際の糸の打ち込み本数に理由があります☆
 
縦糸は横糸に比べ打ち込み本数が多く、横は糸は逆に少ない為です(^^)
 
もし、もし、この布目線がなかったら、、、
 
レッスンバッグが出来上がった時に柄の上下が横向きになってしまったり、ネックウォーマーを作ったのに生地が伸びなくて頭が全然入らない!なんてことも起こりうるかもしれません(^_^;)
 
基本的には縦地の方向で裁断をするのですが、最近ではボーダー柄やスカラップレースなど横地を生かす生地も多くなりました☆
その時は、バッグだと伸びないようにきちんと接着芯を貼ったり、お洋服だとゆっくり着れるデザインにしたりと出来上がった時のイメージしておかれると失敗を防げます(●^o^●)
 
※シェア大歓迎です(*^_^*)